2012年09月05日

古箏の調絃♪ 完了しました(^^)v

お預かりしている古箏ですが、
調絃(弦の音程を合わせること、つまり、チューニング) 無事、終えました。


基本的に移動ドで 「ドレミソラ」 の5音階 ということです。

この古箏は、D調 に合わせました。


弦の番号は演奏者の手前の高音側から1~18と数えます。 (お箏とは数え方が逆)


これは全く勘違いをしていました。
注文する絃を間違えるところでしたicon10


絃は スチール絃 お箏の音色とはやはり違います。
軽やかというんでしょうか。音域も広いので、音の幅があってちょっと羨ましい気も!

弾き方なども、もう少し研究したかったのですが、

これ以上、古箏に取り組む時間はなさそうですicon11
 





でも、こうして、日本のお箏(こと)のルーツである古箏に出逢えたことに、とてもご縁を感じますik_48

本当によい経験をさせていただきましたik_75

お役に立ててよかったですface05








 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。